iphoneの選び方

今すぐiPhone機種変更をするのがベストな方の条件を列挙!

投稿日:2020年8月3日 更新日:

新型iphoneの発売が

10月になるとの情報が入りました。

iPhone12(仮)

似たような情報はネット上に頻回に出ており、
リーク情報は常に出回っていますが
総合的に比較しても遅くても発売は10月になるのではないかという情報が有力です。(2020.8/01)

気になる新機種は、
過去から騒がれていた5G対応のiPhone12になるのか、
またはiPhoneSEmini(仮)と言われるiPhoneSEのコンタクト版になるのか
わかれています。

しかし、そもそも発売を待った方が良いのか
今すぐiPhone11にするべきなのか迷っている方も多いはずです。

基本的には新機種が出て選択肢が増えてから購入することが可能なので
現時点(8月)〜10月まで新しいiPhoneを購入することは勧めませんが、
それでも急いででも購入した方が適切な方がいます。

今回はその方を条件別にピックアップしてみました。

その一覧がこちらになります。

⒈アプリを起動してもすぐに閉じてしまう。
⒉速度が極端に遅くてストレスを感じる
⒊バッテリー寿命が65%以下


順次説明していきます。

⒈アプリを起動してもすぐに閉じてしまう。


長期間利用しているiPhone(2年目安)や古い機種(7以前)のiPhoneだと
ネットワークの情報処理に関わるCPUの劣化が起こり、
アプリを開いても時間が経過するとパタンと閉じてしまう可能性があります。

また、バッテリーが劣化している状態でiPhoneを使用すると、CPUに負荷がかかり結果としてCPUも劣化してしまうことがあります。


劣化したCPUでは、いくらデータ使用量が低いアプリを開いても
それが閉じてしまう頻度が高まるので日頃から複数のアプリを使い続けている方ほど不自由になることは言うまでもありません。

データ量をあまり用いないニュースアプリやラインなどは
使用し続けることはほとんどできますが、
複数のアプリを使用する方は今すぐ購入を検討した方が良いでしょう。

間違った充電方法で充電を行なっていた場合もCPUの劣化の原因になりますので
新しい機種を購入してから使用するまでに必ず適切な充電方法について
確認しましょう。


⒉バッテリー寿命が65%未満


⒈本文にあるCPU劣化に近いですが、
iPhoneを長く使っていると自然とバッテリー寿命は減っていきます。


本当に必要な状況のみiPhoneを使用する、
燃費を少なくする設定で今ある機種を使い続けるということもできますが、
もし使えるiPhoneのバッテリーが全体の65%以下なら

スマホは1日持ちませんので、今すぐの買いかえを勧めます。

こちらの設定画面にはお使いのバッテリーが著しく低下している旨が
警告されています。

iPhone側からこんな表記がされるの?
と驚かれた方も多いはず。

普通に表記されるんです!
それはそれだけ今のiPhoneの自由度は低いですよ
と言われているようなもの。(帰宅時の電車でスマホしようとするなら、せいぜいランチタイムぐらいしか使えないんですから)


バッテリー65%とはどのぐらいの容量かといいますと、
充電満たんにして朝9時頃に家を出て、
終日持ち歩いてお昼休みに1時間触れていただけで
帰宅時の電車内で5〜10%になっているレベルです。
これはかなり不便なので、どんなに頑張っても65%を低下したら
すぐに買い替えた方が良いでしょう。


⒊速度が極端に遅くてストレスを感じる


iPhone7以前のモデルだと新しいOSに対応できず、
動作が遅くなることがあります。
ただ、こちらには燃費を減らせる設定が存在します!
この情報はかなり有益です。
設定次第で改善を見込める可能性が高いので

それを試してみても改善されなければ今すぐの購入を検討しても大丈夫です。
(具体的な改善が見込める設定方法についてはまた
後日ブログにて説明いたします。)

まとめますと、
速度の問題は1のCPUと2のバッテリーの問題とも相関関係があるので、
改善を見込める設定をした上で総合的に考慮して、
それでもストレスを感じるぐらいの速度が改善されなければ
すぐに買い替えることをすすめます!


また、検討した結果どうしても今機種変更したいと言う方は
個人的にiPhone11ではなく、iPhoneSEがおすすめです。
根拠を簡潔にいうとiphone11を買ってしまうとiphone12を買った後に
11ならではの持ち味を発揮できず、差別化できないことが想定されるから。

友人からもなんでこの時期に11を買ってしまったの?と
問われたら返しようがないし、
正直私からしてもかなりもったいないことをしていると思います。

(もちろん本記事であげた理由があれば、「それを根拠に11にしたんだよ」と堂々と友人に伝えることができます。)

強い根拠がなく今iPhone11を購入してしまうと、
必然的に後悔するはめになります。

しかし、SEなら12にはないtouch IDの要素がありますし、
コロナ対策も12以上に可能になりかなり便利です。

iPhone12よりもSEを選ぶべき私の主張は、また後日ブログで書きます。

本日のマインドマップ

(フロアチャート風でわかりやすい!)

-iphoneの選び方
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPhoneSE

私がiPhoneを推す理由!

iPhoneSE 世の中のスマホにはAndroidとiPhoneの2種類があります。 私はiPhone信者だからこそ周囲の友人にもiPhoneの良さを見出すことが得意で、それを伝える機会が多いのですが …

iPhoneSE

iPhoneSE2のすすめ(11との比較)

新型iPhoneを購入する上でSE2にするか11にするかで迷われている方は多いのではないでしょうか? iPhoneSE 私は・・というとだんぜんのiPhoneSE2(新型iPhoneSE)推しでござい …